実際に役に立った防犯グッズ

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

実際に役に立った防犯グッズ

会社の寮から出て

会社の寮から出て、初めて自分で選んだアパートでの生活は、出来るだけ家賃を抑えた1階のワンルームでした。

駅まで徒歩15分というのはまだ良かったのですが、最寄りのコンビニまで徒歩20分。2つの一級河川に囲まれた三角洲のような土地で、雨の日は川の氾濫に怯えていました。
気になることは多少あったけれど、それも覚悟で選んだアパートでした。

しかし、一番気になったことは、ベランダ側の死角です。
隣近所の建物に囲まれ、人目につかないベランダは、空き巣に狙われやすいのではないかと心配でした。

そこで、どうにか自分で防犯の対策を考えてみました。
センサーで点灯するライトや、ダミーの防犯カメラの設置などです。

しかし、この小さなアパートにはあまりにも大袈裟過ぎで、何かあるのではと逆に空き巣にターゲットにされそうな気がしてやめました。

そんな時に知ったのが、防犯ガラスフィルムです。
空き巣の「ガラス破り」対策として、自己防衛にはお手頃で大袈裟過ぎない点が良いと思い実施しました。
色も透明で目立ちません。「空き巣の侵入には、6割程度が5分以内の侵入が出来ない場合諦める」という話を聞いたことがあるので、少しでも侵入の妨害になればというのが狙いでした。

結局、引っ越しするまで空き巣被害にあうことはなく、無事でしたが、防犯グッズがあるのとないとでは、安心感が違うと思いました。

【参考】